アメブロ運営の注意点と集客を加速させる活用術!1日20リスト獲得した秘訣とは!?

どうも、西川です。

ここ最近ブログに対してのお問い合わせが非常に多いので、本日は『アメブロ』をテーマで書いていこうと思います。

ブログの良さって何と言っても、資産になる。書いた記事(コンテンツ)がネット上に残り、いつでも誰でも過去の記事を見返すことが可能。さらに、Googleの検索にヒットします。

その一方で、SNSは記事を書いても他の人の記事に埋もれていくし、Googleの検索にもヒットしない。ブログとSNSを比べても、圧倒的にブログの方が良いのは一目瞭然である。

なので、一生懸命Facebookを毎日書くくらいなら、毎日ブログを書いた方が確実に良い。

ってことで、本題に入ります。

これから、アメブロをメインの媒体でお考えの方。そして、アメブロを使って集客をお考えの方に向けた記事にします。

実際に僕が1日で20リスト獲得した時に行なっていた、アメブロの活用術も合わせて紹介していこうと思います。

動画講義はこちらから視聴できます

アメブロを使う理由とは?

そもそも、アメブロを使う理由ってなんだと思いますか?

その理由は簡単で、人が集まっているからです。ただ、自分のジャンルに合う方がアメブロの中にいない場合は、アメブロを使うメリットがあまりありません。

メリットがないというと語弊がありますが、ヤフーやGoogleなどの検索エンジンからの集客、ツイッターやFacebookを使った集客に頼らないといけないということです。

企業としてアメブロを使う場合は、メインのWebサイトとは違うテーマで作りましょう!

例えば、結婚相談所のWebサイトがあるとしますね。

その中でアメブロを使う場合はバツイチの方を対象にして作るという感じです。繰り返し言いますが、アメブロを使う理由は人が集まっているからです。

アメブロの中には、『ぐるっぽ』というコミュニティサイトがあって、各ジャンルに対して興味があるものにアメブロユーザーが参加しています。

これらの中に自分のビジネスに当てはまっていて、集客が出来そう!と感じるならアメブロをメイン媒体にしても良さそうです。

が、もしいないと思うのであれば・・・

アメブロの運営をやめてワードプレスを使った運営に切り替えをオススメします!ワードプレスもブログではあるのですが、Webサイト(ホームページ)として運営が可能です。

基本的にホームページと呼ばれる媒体の大半はワードプレスで作られています。

アメブロからワードプレスに引っ越すべきなのか?

もし、あなたが今アメブロからワードプレスに引っ越しをお考えなのであれば、アメブロからWordPressに引っ越しするべきなのか?という記事を書いていますのでご覧ください。

アメブロ集客なら独自の機能を活用せよ

それでは、アメブロの中に見込み客がいることを前提として、アメブロ集客を加速させるために運営者として頑張るべきポイントをお伝えしておきます。

その①読者登録は必須の作業

ネット集客はヤフーやGoogleの検索エンジンから訪問してもらうのが基本です。TOPページやキーワード選定をした上でタイトルを決めてから、記事投稿をしていくのが重要。

しかし、ライバルとなるページの数が多ければ多いほど、ヤフーやGoogleには検索順位が存在しますので、アクセスが安定するまではそれなりの時間を要することになります。

その期間を短縮してくれるのが、アメブロの読者登録機能です。

読者登録は1日50件登録することが出来るので、この機能を活用して検索エンジンにはないアクセスを呼び込みます。ただやみくもに登録しても意味がありませんので、アメブロの中にある『ぐるっぽランキング』を参考にしていきます。

あなたのビジネスの見込み客になってくれそうな方を見つけながら、読者登録を始めてみて下さい(やり方はこれからお伝えします)※当たり前ですが、読者登録をする相手は同業者にしても意味がありません(向こうもビジネス目的ですから…)

また、アメブロを更新していない方、読者登録ボタンを隠している方、ブログの中にある、お気に入りの表示をしていない方は、読者登録する必要はありません。

これらの理由も、アメブロの特性を生かすことが出来ないからです。

読者登録をすると、相手のアメブロ管理画面を通じて読者登録をされたことが分かりますので、どんな人が登録してくれたのかな?と興味を示す傾向が強く、訪問されやすくなります。

このメリットがアメブロにはあるからこそやるべきと言っても過言ではありません。無料でアクセスを集めることが出来ているのと変わらないですからね。

読者登録で大切なのは、読者登録返しをしてくれそうな方に向かって登録するのではありません。自分のビジネスに興味を示してくれる人に対して登録することがポイントです。

また読者登録は、最大1000人まで行うことが出来るのですが、地道に登録していくと1000人の登録は1ヶ月で終わります。当然、こちらが読者登録をしても、相手がこちらに興味を示さずに読者登録返しをしてくれない時も多少あります。

そういう場合はこちらで読者登録をやめると、その分が整理されますので、また新規で登録が出来るようになります。

その②アメブロの『ペタ』も有効

アメブロの中で1番頑張らないといけないのは『読者登録』になるのですが、もう1つアクセスアップに有効な機能があります。

それが『ペタ』や『いいね』機能です。

見込み客となる方に『ペタ』や『いいね』を残すことで、読者登録と同じように相手からのアクセスをもらうことが期待できます。1日の制限回数は仕様変更により変わりますので、ここでは明記しませんが、仕様変更が起こっても、どちらも最低100は付けられると思います。

これらの機能は手軽な分、ビジネス目的の方が各自で作られたアメブロ専用ツールを使って日頃からやっていますので、昔よりも効果は落ちていますが、やらないよりは、やった方が絶対に良いです。

ただ、アメブロ自体に負担がかからないように優良なツールを使って下さい。

ツールを使うことに抵抗がある方は手動で地道にやるしかありませんが、誰もが日常の仕事があります。読者登録や『いいね』などを行うと1時間2時間では不可能です。

だからこそツールを使うと考える方が無難です。やりたくないのならば記事タイトルなどで集客が出来るように頑張れば良いだけですからね!

ネット集客のためのツールを使うという認識は、何かの表を作るのに定規を使って線を引いて作るのではなくて、エクセルを使って短時間で表を作成するのと同じで時間を短縮する上でも必要だと思います。

おすすめ優良ツール

「アメーバキング2」アメブロ売上倍増&アクセスアップの多機能ツール

僕がアメブロリストをバンバン獲得していた時に活用していた優良ツール『アメーバキング2』です。抜群の機能性と安定の効果を発揮します。

ツールの詳細はこちらをクリック

ツールを利用し始めてから一気にPVが伸びましたね

↓↓↓

本日のまとめ

アメブロでは、アメブロなりの活用術があります。WordPressのブログみたいにアクセスアップに時間がかからないのがアメブロの強みでしたね。何故ならば、人が集まっているから。

その強みを最大限に生かすのが、『読者登録』『ペタ』『いいね』の3つです。この機能を最大限に生かすのがツール。

しっかり頭の中に叩き込んでおいて下さい。アメブロは初期の段階から育ちやすい媒体です。特にブログ初心者の方でも、最初からアクセスが集まるのでモチベーションが保ちやすいのもアメブロの良さでもあります。

今回お伝えした活用術を生かして、アメブロの集客頑張って下さいね!

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!

仕組み化・自動化に興味のある貴方へ

顧客満足度97%超えのZEROPROが2年の時を経て『リストマーケティングの専門書』として完全リニューアル。

実績作り・情報発信・リストマーケティングの流れを動画コンテンツで徹底解説。

「24時間」「365日」お金を稼ぎ出す仕組み作りの戦術・思考・テクニック全てをまとめた極秘コンテンツサイトが『ZEROPRO改』です。

期間限定で無料プレゼントしていますので、下記の「今すぐ無料ダウンロード」をクリック!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事一覧