どうも、西川です。

本日は『タイトル』をテーマに書いていこうと思います。

ネットビジネスをする上で『タイトル』は非常に重要になって来ます。

なぜかというと、ネット上の情報のほとんどが文章。お客さんの興味を引くタイトルを書けるようにならなければ、文章も読まれない。リストも集まらなければ、売り上げも上がることがありません。

Facebook投稿のタイトルもブログのタイトルも興味を引くタイトルでなければ、クリックされないのです。どんだけいい文章を書いたとしても、読まれなければ意味がないのです。

タイトル作りが上手くなれば、情報発信、メルマガ、セールスレター、ブログ、Facebook、何にでも生かすことが出来るのです。

タイトルというものは、自分の頭だけで考えていても出て来ません。

出来るだけたくさんのタイトルに触れて、見て、ピンとくるものがあったら、ネタ帳にでも書き出して蓄えておきましょう!その際に、次のことを自分に質問してみてください。

良いタイトル作りは自分への質問から

・「どこに興味を引かれたのか?」

・「なぜ、欲しいと思ったのか?」

・「どこに、興味を起こさせる工夫があったのか?」

・「どんな言葉が使われているのか?」

そして、質問の内容もネタ帳に書き込んで行くんです。では、次に集めたタイトルを使って、タイトルの作り方に入っていきましょう!

興味をそそるタイトル作り

これは『普通の人が本を書いて怖いくらい儲かる秘術』を書かれた、わらし仙人さんも言われていたことです。わかりやすいので、是非覚えてください。

まず、売れている本のタイトルを書き出したら、今度は、そのタイトルをバラバラにしてしまいましょう!書き出してみると、1つのタイトルが、ほぼ2つか3つのに区切ることができると思います。★印は、一区切りをする、という意味です。

 

・『人生に★奇跡を起こす★ノート術』

・『あなたの会社が★90日で★儲かる』

・『口コミ★伝染病』

・『小さな会社★儲けのルール』

・『情報商人の★すヽめ』

・『90日で★幸せな★小金持ちになる★ワークブック』

・『幸せ力をつける★お金持ち★練習帳』

・『魔法の★ドリル』

・『お金をかけずに★お金を稼ぐ★方法』

・『大好きなことをして★お金持ちになる』

 

ワードをバラバラにすることで、文章が単語になる。キーワード化された単語が並ぶとより一層インパクトを与えることが出来ます。

『90日で★幸せな★小金持ちになる★ワークブック』のように、区切り方に3つか4つに分けられるものもありますが、2つか3つが基本になります。

数字は強みと効果が出る

次に、数字を書き出します。必ず入れなくてもいいです。数字がなくても素晴らしく興味をそそるタイトルはあります。

ただ、数字を入れた方がタイトルとしての『強みと効果』が出しやすいというものです。そこは、ケースバイケースでやるのがいいですね!

 

・「90日」「60日」「30日」「10日」「3日」「1日」「一週間」「1ヶ月」

・「90分」「60分」「30分」「10分」「5分」「3分」

・「1億」「1000万」「50万」「30万」

・「100%」「90%」「9つの」「7つの」

・「年収1000万」「年収2000万」「年収3000万」「月収100万」

 

探せば、まだまだあると思いますが、こうやって書き出した数字とタイトルを組み合わせて、作っていきます。さらに、あなたが考えたキーワードを入れると、もっと幅が広がります。

最低から最高が最高のタイトル

「最低から最高が最高!」という売れるタイトルのルールも覚えておいてください。例えば、「モテないアキバ系オタクが最短でスチュワーデスの彼女を作る方法」。

モテない男から、いきなりスチュワーデスにモテる。この最低から最高という流れです。「お!?」と思わず引き込まれてしまいます。

最低から最高の状況というギャップを取り入れること、一瞬で掴むキャッチコピーになりやすいですので知っておいてください。両極端のキーワードを入れることでインパクトが増します。

ベストセラーにもなったロバートキヨサキさんの『金持ち父さん貧乏父さん』などが、この最低から最高を取り入れた代表作だと僕は思います。

ヒントは様々なところにある

売れるタイトルに関しては常日頃からアマゾンのようなオンラインショップで売れているものを検索したり、実際に足を運んで書店などに出向くことです。

実際にみて、手に取れば実感が湧きますし、小冊子にする場合、目次や装丁も参考になります。そして、いいなと思ったタイトルをたくさんメモしたあとは、ジグゾーパズルを組み立てるように、楽しくやってみることなのです。ワクワク楽しみながら、あなただけのタイトルを創り出してみてください。

2005年で累計納税額日本1位のお金持ちで銀座まるかんの創業者、斎藤一人さんは商品を考えることをこう言っています。

「私は楽しくなければ嫌なんだ」

だから、銀座まるかんの商品は名前をみるだけでも楽しいものになっています。

 

・「スリムドカンドリンク」

・「スーパー青汁うれし泣き」

・「夢の7号サイズ ビックリスタイル」

・「もうデブなんて言わせない!スーパーデブカット」

・「ハッピーラッキーベビークリーム」

 

いつも社員の人達からは反対されるそうです(笑)でもやはり、楽しんでつけた名前からは楽しい波動が出るのでしょう。商品はバカ売れしてますからね!あなたも楽しんでミックスしてタイトルに命を吹き込んでください。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。コピーライティング