どうも西川です!本日は、ビジネスの「本質」を語って行きます!どんな物事にも本質はあります。本質を理解せずに、「5 分で稼げるテクニック教えてくれ!」っていうのは、

・「筋肉はないけど絶対腕相撲で勝てる裏技を教えてくれ!」

・「女がどんな生き物か分かってないけど女を一瞬で落とす方法教 えてくれ!」

・「英単語は知らないけど TOEIC で 990 点取る方法教えてくれ!」

って言ってるのと全く同じですからね(笑)

筋肉を付けてからのテクニック、女性という生き物の本質を理解した上での恋愛テクニック、英単語という土台を知った上でTOEIC、そして、ビジネスの本質、原理原則を知った上でのビジネスモデル、ノウハウです。

まずは全体像が分かってないと、その先の細かいテクニックとかを聞いても、そのテクニックが使えなくなった時点で明日からの収入は0になってしまいます。

数学の公式を覚えずに、問題集の特定の問題を暗記しても、別の試験の問題は全く解けないのと同じです。

ですが、全体像がわかっていれば、そのテクニックが飽和したとしても別のことに応用できますし、自分の頭で稼ぎ方を生み出すことができます。

なので、まずは抽象的な大きな概念的な部分から学んでください。

では、いきます。

そもそもネットビジネスとは?

おそらくあなたがこの世界を知って間もない場合「ネットビジネスって何をどうやって稼ぐんだろう?」と思っているはずです。

どんなビジネスモデルがあるのか、どういう作業をして、どういう仕組みをどのような流れで作って、何がどう作用してお金に変わるのか、全くイメージが沸かないと思います。

もちろん今はそれで構いません。

これから学んでいけば、少しづつ分かっていきます。ただ、ネットビジネスというのは、ビジネスをネット上でやることであるということを覚えておいてください。

ビジネスっていうのは、なんらかの商品やサービスをお客さんのニ ーズに合わせて提供することです。 物販、仲介、情報、コンサルティング、いろんな形のものがありますが、

それらをインターネットを活用して最適な方法で多くの人に提供するというのが本質です。

ようは、ネットでなんらかのモノやサービスをお客さんを集めて売るってだけなんですよ。

決して「闇の錬金術!」とか「クリックするだけ!」なんてアホみたいな話ではないので気を付けてください(笑)

ビジネスっていうのはお金と価値の交換です。ということは、その分のお金というのは誰かが払ってるわけですよね?そのお金を払っているのは、紛れもなくモノを買う、

仲介手数料を払う、情報を買う、コンサルティングを受けるお客さんです。

だから、ネットビジネスっていうのは、あくまでもオフラインでやっているビジネスと変わりはありません。パソコンの向こう側で価値を受け取ってお金を払うお客さんがいて、パソコンを通して価値を提供してお金を受け取るあなたがいる。

ただネットという性質に応じた商品を、ネットという性質に応じた形で、ネットという性質に応じた方法で提供していくというだけのことなのです。

このことを認識した状態でネットビジネスに取り組むのか、全く理解していない状態でネットビジネスに取り組むのかでは、あなたが選択する情報や行動が変わってくるので、

そうなれば当然得られる 結果が違ってきます。必ず全体像を把握し、そこから細部を学んでいくようにしてくださいね!

なぜネットビジネスが儲かるのか

ネットビジネスというのは、原理上、稼げるのは当たり前で、稼げない方がおかしいです。では、なぜネットビジネスが儲かるのか、解説していきます。

・パソコン 1 台あればすぐに始められ、ほとんどコストがかからない

・主に情報を扱うので、在庫を持たず赤字にもならないし仕入れが不要、流通に時間がかからない

・仕組みを作ってしまえば 24 時間全自動で売り上げが上がる

・利益率が高い

・無限商圏である

・1 対∞の商売ができ、小さい労力で大量の価値提供ができるといったところです。

ネットビジネスにも転売やアフィリエイト、情報販売など、いろんなモデルがあるので一概にこれら全てに当てはまるわけではないですが、初期費用がかからないことや、無限商圏であることはネットを使ったビジネスなら全てに当てはまりますよね。

アフィリエイトや情報販売なんかは利益率が非常に高く、赤字になるリスクがなく、レバレッジも利くという、理にかないすぎた最高のモデルだということができます。

ほったらかし不労所得、ツールで自動化の真相とは?

あなたはほったらかし、不労所得、ツールに任せっきり、といった言葉を聞いたことはありますか?これって本当なのか?って思うでしょう。

もちろん、全くの 0 の人がいきなりこういうのはありえません。

でも、条件を満たせば、これが本当になることはあります。

どういうことかというと、不労所得というのは、なんらかの価値があるコンテンツがある状態で集客や販売プロセスを仕組み化してしまえば可能で、例えば何かのキャッシュポイントの入った動画を youtubeに投稿したり、後になんども出てくるステップメールという機能を使えば実際にほったらかしで稼ぎ続けてくれます。

これは人間の代わりにシステムが働いてくれるので、最も確からしい不労所得といえます。

しかし、何も提供するコンテンツがない状態で、いくら変なツールを回そうが永久に稼ぐことはできません。なぜなら、ツールそのものはコンテンツ自体を生み出せないからです。

先程も言いましたが、お金を稼ぐためにはお金を払うお客さんがいなければなりません。そして、お金を払う対象というのは価値のある商品やサービスなわけです。

その商品やサービスの価値って、感情を持つ人間が決めるものですよね?だったら、価値のあるものを判断して作れるのは人間しかいないんです。

ツールのような無機的で 0、1 で動くようなものには作れません。

あくまでもツールというのは人間がやる必要のない単純な手作業を 効率化するためのものでしかないんです。 アメブロをやってみれば分かりますが、ペタ機能ってありますよね?

ペタって押すだけなので、わざわざ人間がやる必要はないわけですよ。だからツールで効率化するんです。でも、全く何もない状態で、最初からツールに丸投げで稼げるなんてありえないですよね?

だから、いきなり初心者がツールだけで稼げるというのは 100%嘘です。

不労所得、ほったらかしは可能ですが、最初から全く何もせずに稼げるなんてことは絶対にないので、そういうものに惑わされないでくださいね。

ネットビジネスの長所

次に、ネットビジネスが他のビジネスに比べて有利な点について解説していきます。

ネットビジネスは・・・

・資金がかからない

・特別な資格やスキルがいらない

・集団行動ができなくてもいい

・好きなことだけして稼げる

・内向的で話すのが苦手でもできる

・年齢関係なくできる

・好きな時間に好きな場所でできる

・起きて 1 秒で職場 ・髪型や服装も自由

・めんどくさい人間関係を一切気にしなくてもいい

このような長所があります。「ニートが月収○○万円」「忙しい主婦が月収○○万円」みたいなフレーズをよく聞くと思いますが、実際にニートだろうと忙しい主婦だろうと可能です。

むしろ、ニートは暇な分、たくさん勉強したり作業できるので、稼ぎやすいですね(笑)

パソコンを使うんだから、プログラミングとか、システム開発みたいな、ガリ勉の理系オタク並みの専門的なスキルが必要だと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

ぶっちゃけ、文字が書ければいくらでも稼げます(100 億とか 1000 億とかになると、さすがに個人では無理ですが(笑))

ネットビジネスの短所

続いて、ネットビジネスの欠点です。

長所の方が大きすぎるので、あまり気にならないくらいのものなんですが、一応欠点はあります。

例えば・・・

・最初は収入が 0 ・自分で行動しなければ何も変わらない

・総じて社会的地位が低い という感じです。

まあ自営業なので上の2つは当たり前なんですが、ネットビジネス は世間に正しく認識されていないので怪しいという印象を持つ人も 多いのが現実です。

周りの人からも、ただ漠然と「ネットビジネスやってる」みたいな 表面的なことしか言わないと怪しい人だと思われるのが普通です。

ただ、リアルの世界の人達と対面でネットビジネスについて僕が詳しく話せば怪しいと言われるどころかめちゃくちゃ尊敬されるんですけどね(笑)

ネットで「月収 1000 万円!」なんて言ってると、どうしても信じてもらえないと思いますが、そういう人たちにも対面で論理的に説明してあげれば分かってくれるので気にする必要はないでしょう。

それで胡散臭いとか言ってくる人は本当に頭が悪い人なので放っておいてあげましょう(笑)

とまあ、どう考えても長所の方が圧倒的に大きいのですが、日本人は保守的な民族なんで、今挙げた小さい短所を回避することを優先してしまう人が多いです。 これは逆に考えると、その分参入者が少ないので稼ぎやすいということでもあります。

とまあ、ビジネスの本質をざっくり説明するとこんな感じです。

いくら小手先のテクニックを駆使しても、この本質からずれたことをやっていると無意味です。なので、本質をおさえた上で、具体的なビジネスモデル、ノウハウ を学んでいってください。