こんにちは、西川です。

本日は朝からカフェに行ってMacBookをカタカタしていました。

クライアントさん用の資料作りから、ブログの細かい設定などをしていました。なんだかんだで昼過ぎまでやって、ビジネスパートナーと焼肉に行ってきました。

☆昼の肉は旨しです☆

その後、近所の公園に行ってキャッチボールしました!てか、知ってますか?

肩甲骨を動かさないと『老ける』んですって!!!このビジネスパートナーは、元インストラクターなので、体のことは、なんでも知っています。

健康に関心がない僕のことを知ってか、いつも体のことを教えてくれます(笑)ああ!今日は、健康の記事じゃなかった(笑)

さあここから、本題に入ります。『Facebookはビジネスに活用すべし

意外とみんなFacebookやっていない。「Twitterはやっているけど、Facebookはやっていないです」そんな方が多い。Facebookは世界でNo.1のSNSですし、名刺代わりになります。

自分でビジネスをやっていると、色んな社長さんにお会いしますが、名刺交換なんてしません。「Facebookやられていますか?」→「友達申請しますね!」終わりです。

もうペーパーレスの時代ですから、名刺交換しなくてもFacebookがあれば、どんな人で何をしている人かがよく分かりますし、自分の投稿が話のネタになることも多い。

特に、これからネットビジネスに参入しようと考えている方は、Facebookのアカウントを開設しておきましょう!ビジネスにも役に立ち、リスト取りにも一役買います。

・何をしている人か分かる(名刺代わり)

・仕事の繋がりが増える

・知名度が上がる

・名刺代わりになる

・リスト取りに使える

出していけばキリがないです。

特にネットビジネスをしていて、Facebookをしていない人はいないと行っても過言ではないです。でも、間違った設定をしてしまうと、逆効果になってしまうこともありますので、僕が『絶対に滑らないFacebookのアカウント設定法』について伝授します。

①プロフィール画像は顔出し必須

Facebookのプロフィール画像は、基本的に顔出し必須です。

あくまでもこの話は、ビジネスに活用する際の話で、ただ友達と繋がって交流を深めるのとは違います。特にFacebookは実名でやっている人がほとんどですから、顔出ししていないとイメージがよくないです。

スーパーの野菜でも、生産者の名前や顔があれば安心しませんか?また、お肉コーナーに行って、どこの国の肉か?が明記していないと、不信感が生まれませんか?

カルビ300g(鹿児島県産)

→しっかりと原産国が書かれた肉

カルビ300g(原産国不明)

→何も書かれていない肉

あなたはどちらを買いますか?答えは明確ですよね!?

顔出しをしたくない人は?

中には、会社員をしながらビジネスをやっている方もいます。僕の運営しているコミュニティにも何人かいる。そう方はどうすればいいのか?

答えは簡単です!

顔を出さなければいいのです。「えっ?さっき顔出しは必須だと言っていましたが…」確かに言いました!では、何故顔出しをするのか?

そうです『信頼感』が生まれるからです。

逆を言えば『不信感』を与えなければいい。ですので、顔出しNGの方は、『後ろ姿』などで大丈夫です!変なキャラクター画像だけは辞めましょうね!キャラクター画像は人間らしさが伝わらないので、敬遠されがちです。

②プロフィール欄はしっかり書く

Facebookはプロフィール画像の少し下あたりに、プロフィール欄があります。

そこは必ず設定しておいて下さい。

プロフィール欄を書いていないと言うことは、なにも書いていない名刺と一緒。そんな名刺もらっても『何をしている人で、どんな人』か分かりません。僕はプロフィール欄を書いていない人は友達承認しませんし、友達申請もしません。

今からFacebookを始めるあなたが、最初にやることは『友達申請』です。だからこそ、しっかり手を抜かずにプロフィール欄を設定するのです。

なにこの人?って思われないようにね!

③投稿はすぐにしておけ!

アカウント作成したら、投稿はすぐにしておくことをオススメします。

特に友達申請をする前は、必ずです。何故ならば『死んだアカウント』と思われない為に投稿をするのです。『死んだアカウント』とは、アクティブユーザーではない!と言うことです。

そんなアカウントと思われれば、友達承認してくれない。最初はどんな投稿でも大丈夫!要は『ちゃんと動いているアカウントだよ!』とアピールできればいいのです。

そうすれば、媒体が育つスピードが早くなりますので、絶対に投稿しておくようにして下さい!!

今日のまとめ

しっかりと理解できましたか?

Facebookはビジネスをする上で欠かせないソーシャルメディアです。

名刺代わりにもなれば、リスト取り(メルマガ・LINE@)、他の媒体への誘導なども出来ます。また、ビジネスにも繋がったりします。Twitter、Instagramとは違い、実名での繋がりがメインになるので、幅広く活用が出来ますね!

①プロフィール画像は顔を出す→②プロフィール欄はしっかり書く→③投稿はすぐにしておく!この3つのポイントを意識して、Facebookアカウントを育てていきましょう。

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。